新時代ボイトレ概論 第十一回 第十二回 第十三回 歌の才能の育て方(1)(2)(3)

ごあいさつ

こんにちは。音楽家になりたい人・武宮健です。

新時代ボイトレ概論は、従来の「上手い人がより上手くなることしかできない」ボイストレーニングに異を唱えて、誰もが上手くなれる、新しい歌の理論体系を築き上げるための講義です。

今回は、「歌の才能の育て方」と題して、副鼻腔をどうすれば良くしていけるのかという話をしていきます。3つの方針があります。

(いつも3つに分けがち。)

ブログでは一気に紹介していきます。

方針1:副鼻腔内の粘液が排出されやすい身体へ

粘液というのは鼻水のこと。

まずは、溜まってしまっている粘液を外に出す方針のお話です。

鼻をかむ

これは基本中の基本!絶対にすすらないこと。

鼻水は、すすると副鼻腔に入っていき、それが固まって、空洞がどんどん狭くなっていきます。

温かいものを食べる

温かいものを食べると鼻水が出ることがありますよね。

鼻水には、体温調節の役割もありますが、それにしても量がおかしいと思うときがありませんか。

僕は、副鼻腔をよくしていったら、次第に温かいものを食べてもあまり鼻水が出なくなっていきました

憶測ですが、熱をきっかけとして、副鼻腔内に溜まっている老廃物を排出するように身体が働きかけているのだと思います。

だから、副鼻腔の状態がよくなれば自ずと排出される粘液の量も減っていくというわけです。

辛いものを食べる

温かいものと似ていますが、カプサイシンの力に頼ると凄いことになります…。

僕は辛いものが大の苦手なのですが、頑張って辛い粉をかけまくりました。すると、こちらも同じように、出る粘液の量が徐々に減っていったのです。

試す価値はあると思います。

(お腹やお尻へのダメージに注意。)

鼻うがいをやる

副鼻腔炎は、炎症ですから、バイキンとかで常に異常が起こっているという状態。

手洗いうがいでは洗えない、鼻腔・副鼻腔は、鼻うがいで洗わなくてはいけないのです。

「でも鼻うがいって、痛いんでしょう?」と思ったそこのあなた。

「中耳炎になったりするんでしょう?」と思ったそこのあなた。

ちゃんとルールを守ってやれば大丈夫です。

詳しくはこちらの「プレミアム令和ボイトレ」をご覧ください。きっとお役に立てると思います。

外科手術を受ける

決して、すべての人に必要なわけではないと思いますが、粘液を摘出するとか、粘液の塊をドリルでこじ開けるとか、鼻中隔を削るとか、手術に頼らざるを得ない場合はあり得ます。

実は僕も手術を受けました。高かったし、痛かったけれど、その手術を乗り越えて、初めて歌が上手くなれることを確信できました。

体験談などはいずれ公開できればと思います。

方針2:副鼻腔内で粘液が生成されにくい身体へ

「粘液を排出しよう」の次は、「粘液の生成を減らそう」です。

同じように生活しているのに、良い副鼻腔、悪い副鼻腔に分かれていくのは、余計な粘液の生成が起こっているため

つまり、アレルギー症状です。これを対策することは、歌上達の近道と考えてよいでしょう。

花粉アレルギー対策

もはや国民病の花粉症。

憶測ですが、大気の汚れによって、鼻腔や副鼻腔が汚れて、アレルギー反応が起きやすい状態になっている人が多いようです。

だから、まずは副鼻腔を清潔にしなくてはいけません。

「プレミアム令和ボイトレ」

副鼻腔だけでなく、上咽頭など、粘膜の状態が悪化する原因として食事があげられることが多いです。

諸説ありすぎるので理屈は割愛しますが、僕は基本的にこのあたりを制限しています。というかほぼ禁止しています。

  • 乳製品
  • グルテン
  • カフェイン
  • アルコール
  • 砂糖

何を食べても歌えるというのは間違いなく才能ですが、これは克服可能な才能だと思っています。

我慢しているというより、「自分の食べ物じゃない」という感覚です。文字通り「身体に毒」なのですから。

室内アレルギー対策

寝てるときの呼吸はとても大事です。毎朝喉が痛いという人は特に注意。

睡眠時の無防備な状態でアレルギー攻撃を受け続けるわけですから、副鼻腔に粘液が溜まり、ダメージが蓄積されていってしまう。

歳を重ねるごとに、知らず知らず声が出にくくなってく。

というわけで、寝具や室内全体を、ちゃんと綺麗にしなくてはいけません。

布団はどんどんホコリを吸い込んでいくので、ふとんクリーナーを使います。

布団のダニは、布団乾燥機+ふとんクリーナーのコンボで倒します。

部屋全体のホコリや花粉対策には空気清浄機とロボット掃除機を使います。

こういうところにお金を使って、最小限の努力で健康を手に入れましょう。

方針3:副鼻腔が自然と響く発声へ

せっかく鼻腔・副鼻腔が良い状態になっても、脳は「口や喉を使った発声の方がやりやすい」と思い込んだまま。

そうすると結局、声は副鼻腔を必要としないので、再び衰えていってしまいます。

少なくとも無意識に副鼻腔を使った発声ができるようになるまでリハビリを行う必要があるのです。

ボイトレKiss

その訓練を行なっている唯一のボイトレ教室が「ボイトレKiss」です。

もとを正せば全てここから始まっています。ここの創設者・平山さんという方が世界で最初に副鼻腔というものに目をつけて、独自のボイトレメソッドを開発しながらボイトレ教室をやっています。

さすがに具体的なレッスン内容とかは言えないのですが、基本的な目的としては、まず高い位置で声を出すこと

僕は「声の重心」と呼んでいますが、歌が苦手な人は口の位置で声を出している場合が多いです。

鼻や目やおでこの位置まで、上に上に、コントロールしていく練習をします。

無料体験もあるので、興味のある方はウェブページをご覧ください。新時代のボイトレはここから始まった…!

おわりに

武宮健は、高い声が出なかった。すぐに声が枯れていた。いくら練習しても歌うのが苦しくて、不安で、プロのシンガーのように自由に歌うことは全くできなかった。

けれど、方針を変えて、「才能」の無さを認め、「才能」を育てることによって、自分の歌で音楽作品を作れるようにまで成長しました。

自主制作の楽曲やアルバムをいくつも完成させ、自分で歌った曲で賞を取るまでに成長したのです。

そして、これからも確実に進化していくことができます。「才能」の育て方を知っているのですから。

これからは、医学との連携を強化させたり、正しい知識の勉強(大事)や拡散に努めていきたいと考えています。

ボイストレーニングの歴史が塗り替わり、誰もが上手くなれる時代が訪れることを切に願っています。

discography

録れコン2019ベストギタリスト賞「モノクロフラッグ」