『誰より速く廻る寿司』公開!と近況トーク

公開されました

Aji Y. Tamagoの新曲『誰より速く廻る寿司』が公開されました。

といっても、実際に公開されたのは1ヶ月ほど前の10/27。

ようやっとディスコグラフィにページを追加できたのでその報告です。

誰より速く廻る寿司

今回は、なるべく聴いてくれた人に喜んでもらえることを考えながら、結局いつも通り好き勝手に遊ぶ感じになっていきました。

それが楽しいのですが、なかなか制御できないのはもどかしいです。

「自分のための曲」ではなく「曲のための自分」というか。主従関係がめちゃくちゃになっていくことがとても多いです。

とはいえ、ミックスのクオリティも、制作の進行も次第に良くなってきているので、この調子で精進していきたいと思います。

近況

近頃は、音楽作家を目指して修行中です。アーティストさんにたくさん楽曲提供できるようになるのが目標ですが、本当に難しいことだらけです。

これまでずっと、「自分らしい音楽とは何か」を考えて曲を作ってきたし、「自分は何が好きなのか」を考えて曲を聴いていました。

でも、それでは商業としての作曲はできません。

「どんな音楽が求められているのか」を考えて曲を作り、「どこが気に入られたのか」を考えて曲を聴く必要があります。

それって、並大抵のことではありません。

自分の好みは好みで持っておきつつ、その曲を選んだ裏側の人たち(ディレクターやプロデューサー)の目線でも考えて、かつリスナーの視点でも見えなくてはいけなくて。

脳がいくつあっても足りない感じです。

特に理性よりも感性の部分なので、コントロールが難しい分野。世の作家さんたちは本当に凄いなと思います。

気分が沈んでいるときは、何も音楽が良いと思えなくなるし、何もかもどうでもよくなってきます。体力やメンタルの頑丈さも作家のアビリティなのかなと思ったりします。

良い気分で作り続けられるよう、やはり曲を作りまくるほかないですね。

次回作

味玉の次回作は、宇宙をイメージした、爽やかでスピーディでおしゃれな曲となる予定です。乞うご期待。

カップリングはすごくドラマ性のある、壮大で悲壮感もある曲です。曲に振り回されながら、なんとか良いものにしていきたいと思います。

それでは、また。