新時代ボイトレ概論 第六回 ボイストレーナーは嘘をつく(6)

ごあいさつ

こんにちは。音楽家になりたい人・武宮健です。

新時代ボイトレ概論は、従来の「上手い人がより上手くなることしかできない」ボイストレーニングに異を唱えて、誰もが上手くなれる、新しい歌の理論体系を築き上げるための講義です。

今回は「旧時代ボイトレ」最大の嘘「ミックスボイス」についてお話していきます。

ミックスボイスの定義?

まずは、Wikipediaでミックスボイスの定義を見てみます。

”ミックスボイス (mixed voice) は、発声技法のひとつであり、発声や歌唱の様式を表す。”

“「声区の融合」を意味しており、現在では主に(ファルセットでない声という意味での)胸声区で高い音を出すための技術として捉えられている。”

ここまででわかるのは、裏声じゃなくて地声で高い音を出す「ための」技術ということ。

「ための」ですからまだ本質はわかってません。続きを。

“ミックスボイスには、大別して二つの意味がある。”

“1. 特に高い声を出すときに意識的に呼気を多くする、又は声門の閉鎖を弱めた柔らかい声で(時に息を混ぜ気味にすることで)換声点(声区の変わり目)を滑らかに通過するスタイル。またそれにより得られる声色。”

難しくなってきましたが、これは森山直太朗さんがとってもわかりやすいと思います。

是非一度、地声なのか裏声なのかって考えながらずっと聞いてみてください。

すると、どっちとも取れない、「息が多い高めの声」が出てきます。それが一つ目のミックスボイス。

“2. 頭声を駆使して高音域を地声のように出すこと。またそれにより得られる声色。主に男性の唱者についていわれる。”

これって意味のない定義ですよね。

地声のように高い声を出すこと。

定義としてそれしかないのです。「地声のように高い声を出す」以外の要素は誰でも勝手に決めてしまっていい状況なのです。

ミックスボイスは無意味な言葉

つまるところ、ミックスボイスはただの普通の高い声なのです。

それを言い換えただけの言葉になってるのです。

「高い声を出したい」という目的を「ミックスボイス」という技が叶えるのではなく、「高い声=ミックスボイス」なのです。

ミックスボイスは意味のない言葉なのです。

これが「ミックスボイスは死語になる」と言っている理由です。

言葉の魔力

「プロの歌手はみんなミックスボイスを使っている」

そう聞くと「なんだか凄そうだから習得してみたいなぁ」って思ってしまう。ミックスボイスにはそういう魔力があるようです。

でも実際は「プロの歌手はみんな高い声を出している」という意味でしかありません。

ただの高い声そのものなのに、それを手に入れるための必殺武器のように言われるミックスボイス。

この言葉が私達のボイストレーニングをめちゃくちゃにかき乱しているのです。

そして振り出しに戻る

ミックスボイスとは、高い声の言い換えである。それを踏まえると振り出しに戻ってしまいます。

高い声は最初から出る人と最初から出ない人がいる。

結局、もともと歌える・歌えないの壁の越え方はわからずじまい。

ボイストレーナーは「ミックスボイス」という凄そうな技を持ってきて、「身につけるためにはこんな練習法があるよ!」と言って、声楽インスパイアの沼に引き込もうとする。

でも、ちょっと待てよ。

最初から高い声が出る人って何なんですか?

高い声が出る人と出ない人の違いを説明できますか?

その練習は、高い声が出る人と出ない人とのギャップを埋めるのに役立つんですか?

という疑問が湧くべきなのに、やはり「ミックスボイス」という言葉に惑わされてしまう。

改めて目的は「普通の高い声」

色々話してきましたが、目的としてまず普通に、自由に、高い声が出せるようになりたい

もちろん、「綺麗な高い声」「耳障りな高い声」というのはあるでしょう。

でもとにかくまずは普通に高い声を出せるようになること

それが「自由な歌」に直結するのです。

私たちは、ただ真っ直ぐ「普通の高い声」を目指して練習をすればよいのです。

おわりに

ミックスボイスはただの言葉です。

高い声を出すための伝説の武器ではありません。

高い声を出せるようになるには、「高い声はもともと出るもの」という現実にきちんと向き合って、体ごと変えていく方針をとらなくてはいけません。

新時代ボイトレ概論 第五回 ボイストレーナーは嘘をつく(5)

ごあいさつ

こんにちは。音楽家になりたい人・武宮健です。

新時代ボイトレ概論は、従来の「上手い人がより上手くなることしかできない」ボイストレーニングに異を唱えて、誰もが上手くなれる、新しい歌の理論体系を築き上げるための講義です。

今回は、カラオケにおける上手いというのは一体何か。つまり、どうなったらあなたはカラオケで幸せな時間を過ごすことができるのかについてを考えていきます。

「カラオケが上手い」とは「自由」のこと

「カラオケヒーローはカラオケパンピーよりも〇〇で、カラオケパンピーはカラオケ劣等生よりも〇〇である」の〇〇に入れる言葉は何か。

それは自由」です。

「自由」は最優先すべき土台

カラオケで、もしくはステージ上で、どう歌えたら理想的なのか。

ミックスボイスとか腹式呼吸とか、喉頭がどうとか舌根がどうとかで頭がパンクしそうににしながら「上手な歌」を歌うことなのか?

そうではありませんよね。

カラオケでなんとなく好き勝手に歌いたい。

それが上手だったらなおさら良いのです。

「自由」という土台の上に技量が乗っかっている。

そうでないと、結局自分の歌は不自由でつらいものになってしまうのです。

声楽は究極の不自由

実は、声楽が目指しているのは自由の逆です。

型をガッチリ固めて作曲者や指揮者の楽器としての役割を果たすためのもの。美しく洗練された、変な言い方をすると「楽器人間」になるためのメソッド。

だからオペラ歌手はみんな似かよった声の出し方になっていくのです。

「オペラ歌手みたいな声」と違って「J-POPの歌手の声」「アニソン歌手の声」「ロックバンドのボーカルの声」というのは、絶対人によってバラバラです。

それはやはり自由に歌っているからなのです。

声楽の知識を真似である「旧時代ボイトレ」の練習をやっても歌は「不自由」になっていきます。

だから多くの人はいつまで経っても上手くなることができないのです。

おわりに

今回は、ボイストレーニングで目指していくべきゴールは「自由」であるというお話をしました。実感してもらえたでしょうか。

次回からは「自由」を手に入れるための方法をお話していきます。

新時代ボイトレ概論 第四回 ボイストレーナーは嘘をつく(4)

ごあいさつ

こんにちは。音楽家になりたい人・武宮健です。

新時代ボイトレ概論は、従来の「上手い人がより上手くなることしかできない」ボイストレーニングに異を唱えて、誰もが上手くなれる、新しい歌の理論体系を築き上げるための講義です。

今回は、「令和ボイトレ」で目指す、ボイストレーニングの目的についてお話していきます。

目指すべき「上手い」とは

ボイトレの目的は「上手くなること」かもしれません。

でもそれだけでは、声楽の「上手い」を押し付けられてしまっても仕方がありません。

ボイトレで目指すべき「上手い」とは一体何か。

音程か。高い声か。ビブラートか。大きな声か。

人を「カラオケの上手さ」によって3パターンに分けることで、目指すべき「上手い」とは何かを探っていきます。

1. カラオケヒーロー

歌い終わったあとに拍手したくなるほど上手い人。

多くのプロもここに入ります。うっとりする歌。苦しさがなく、音程がきれいに合う。感情がこもっている。

ただ、「声楽における上手さ」と「カラオケにおける上手さ」は種類が違います。前者はホールに太く美しく響く歌声。後者は様々なジャンルの曲を歌いこなせる歌声。

2. カラオケパンピー

普通にカラオケが楽しい人。

原曲キーであれこれ歌えて、カラオケが楽しい。ストレス発散になる人。しんどさよりも楽しさが勝るような人。

パンピーと言ってるだけあって、多くの人がここに属するし、だからかなり上手さにばらつきがあります。

これは「旧時代ボイトレ」で上手くなれる可能性がおそらく半々です。

練習するにつれて重苦しい声になって下手になっていく人もいれば、歌いまくって上手くなれる人たちもいます。

3. カラオケ劣等生

普通のJ-POPが歌えない人。

高めの声を出すのがしんどい。大きい声を出すのもしんどい。数曲で声が枯れる。そこまで高くもない音域で声が裏返る。飲み会で声が届かない。(…全部自分のことなんですけど。)

歌を練習すればするほど硬くて重くて、しかも聞こえづらい声になる。歌う側も聞いてる側も疲れるという最悪な声になっていく。

僕自身も含めてこういう人達が歌えるようになることは、「旧時代ボイトレ」では不可能です。

「新時代ボイトレ概論」を最後までみた人にとっては、まずそれが当たり前の常識になってほしいなと思います。

おわりに

上手いとは何か。

「カラオケヒーローはカラオケパンピーよりも〇〇で、カラオケパンピーはカラオケ劣等生よりも〇〇である」の〇〇に入れる言葉が、私達の目指す「上手い」の正体のはずです。

その答えについては、次回お話しします。

新時代ボイトレ概論 第三回 ボイストレーナーは嘘をつく(3)

ごあいさつ

こんにちは。音楽家になりたい人・武宮健です。

新時代ボイトレ概論は、従来の「上手い人がより上手くなることしかできない」ボイストレーニングに異を唱えて、誰もが上手くなれる、新しい歌の理論体系を築き上げるための講義です。

今回は、「旧時代ボイトレ」の問題点をまとめていきたいと思います。問題が何かわかっていないと、何を解決しようとしているのかわからないので、繰り返しになる内容もありますが、ここで一度整理しておきます。

 

旧時代ボイトレの問題1

もともと歌が上手い人と、もともと歌が下手な人がいるという事実、その根本的な理由を無視したまま指導していること。

しかも、教える側はもともと歌が上手い側の人間。

「なぜ生まれつきのレベルでこんなに音域や声質が違うのか」を考えないから、生まれつきの差を埋めるような発想で練習法を組み立てることができないのです。

旧時代ボイトレの問題2

クラシックの声楽の発声を基本として教えていること。

なぜ自分が上手いのかよくわからないので、ボイストレーナーの多くはクラシックの声楽の知識を流用します。

けれども、声楽の目指すところは太くて美しく響く声。

私達がカラオケで歌いたいような歌声とは全く違う目的で作られた理論なので、役に立ちません。

旧時代ボイトレの問題3

その練習法で上手くなれたと思い込む人がいること。

これが一番厄介な問題。

「素材は良いけど経験値が足りない」という人がいます。このような人たちは「歌いまくったら上手くなれる」タイプ。

だから、ちょっとしたコツを教えたりとか、定期的な発声練習の機会を与えるだけでぐんぐん伸びていく。

そういう人たちが「旧時代ボイトレ」の信者になってしまうと、困ったことが起こります。

ボイトレで教わった声楽インスパイアの知識をひけらかして、下手な人に教えたくなってしまうのです。

歌の上手い友達に言われたら信じてしまいますよね。けれど、上手くなれる人と、上手くなれない人には溝があります。同じことをやっても、素材が違うのですから上手くなる保証はありません。

(ただ、これは実際に本気で練習して一度挫折してみないと深く実感はできないと思いますが。)

「レッスン受け期」までのあらすじ

ボイストレーナーという人たちは、実はプロでもなんでもない、人より歌えるから歌でマウントを取れるというだけの人たちです。

でも上手くなれるかのように見せかけて、付け焼き刃の理論や練習法を教える。

でも実際にそれで上手くなれるのはもともと歌が得意な人たちだけなのです。

おわりに

歌が上手くなるには、何を目指して頑張っていけばいいのか。

何と戦っていかなくてはいけないのか。

歌声の本質について、まだまだお話ししていきます。

新時代ボイトレ概論 第二回 ボイストレーナーは嘘をつく(2)

ごあいさつ

こんにちは。音楽家になりたい人・武宮健です。

新時代ボイトレ概論は、従来の「上手い人がより上手くなることしかできない」ボイストレーニングに異を唱えて、誰もが上手くなれる、新しい歌の理論体系を築き上げるための講義です。

今回は、ボイストレーニングを受けたけど上手くなれなかった体験談を話していきます。

武宮健のボイトレ人生

僕の歩んできたボイトレ人生は、次の3つに分けられます。

  1. 歌いまくり期…とにかく歌いまくって音域を広げようとした
  2. レッスン受け期限界を感じてプロに指導を受けた
  3. 新時代ボイトレ期歌声の真理にたどり着いた

まずは今回の主題「レッスン受け期」からお話しします。

「レッスン受け期」までのあらすじ

もともと声が低くてカラオケで歌える曲がほとんどなかった武宮健は、無理やりに高い曲を歌い続ける「歌いまくり期」で着実に音域を広げていった。

しかし、音域が広がったとはいえ、高い声を出すのは容易ではなく、全身に力を込めてようやく出せる、苦しい歌声であった。

歌い方が悪いのか、自分の筋力や体力がないせいなのか、何もわからなかったため、プロに教わるしか道はないと考え、こっそりボイトレ教室に通いはじめた。

手に入ったのは「すぐ枯れる太い声」

歌っても歌っても、上手いとか下手以前に、声が出なかった。

ボイトレ教室で教わったのはこういうものでした。

「腹式呼吸」を使って、響きの強いチェストボイス、響きの強いファルセットをしっかり出す。別々にしっかり出せるようになればその中間の「ミックスボイス」も力強く、枯れない声が出せる。

当時の私は「なるほど、自分はそれぞれの発声が弱いから無理やりにしか発声できなくてバテてしまうのか」と納得してしまいました。

しかし、ここで忘れてはいけない事実があったのです。

歌の上手い人は、チェストボイスとかファルセットとか一切鍛えたりせずに、存在も知らないまま歌えている人の方が圧倒的に多い。

練習を重ねるにつれて、どんどん重苦しい声になっていき、手に入ったのは「すぐ枯れる太い声」でした。

今考えると、これは当然の結果です。

上手な歌に必要なのは「軽さ」です。けれども声楽インスパイアの練習は、しっかりしたチェストボイスを教える。これは「重さ」を鍛えることになるのです。

嘘だらけの「旧時代ボイトレ」

基本的にYouTubeとかで人気の人も、当たり前のように「地声と裏声をしっかり出して混ぜよう」という軸で指導しています。

そして、地声の響きを強く、裏声の響きを強く、という声楽インスパイアの練習になっていく。

目的の違う声楽の練習法をやらせる「旧時代ボイトレ」。

声のプロだからと信用していると、いつの間にか話をすり替えられて、太い声を練習させられてしまうわけです。

新時代ボイトレ期

というわけで、「レッスン受け期」でした。

そのあとの「新時代ボイトレ期」はまさに今、奮闘している最中です。その内容は新時代ボイトレ概論の後半でお話します。

「歌いまくり期」までのあらすじ

声変わりで高い声が一切でなくなった中学生の武宮健。

カラオケでは女性の曲を1オクターブ下げて歌うしかなかった。

高校生ではバンドを始めたが、ボーカルが見つからなかった。スリーピース、インスト、プログレという、99.9%の高校生がポカーンとするバンドであった。

耐えきれず、ギターボーカルとして何度か歌おうとしたが、ビートルズも満足に歌えず、声量もなく、すぐに枯れてしまう声では、選択肢はほぼないに等しかった。

あるとき歌の上手い大学生が言っていた「歌いまくっていたら、いつの間にか歌えるようになっていたよ」という言葉をあてに、歌いまくる日々が始まった。

歌いまくれば上手くなる

この「歌いまくり期」では、無理やりの喉声でずっと歌ってました。

すると、確かに音域自体が伸びていったんです。ゼロだった音が0.1ぐらい出るようになっていった。

最初ゼロだったものが0.1になったら、もっとたくさん歌えば声も太くなって、安定していくだろうと、希望をもって歌っていました。

その結果、大学サークルのバンドでボーカルやコーラスをやる機会は増えていったし、自分の中では、上達は感じていた。歌えなかった曲が歌えるようになるというのはすごく嬉しかった。

けれども、「何曲か歌うと声が枯れる」「日によって歌の調子がぜんぜん違う」「ギターを持つと一気に歌えなくなる」といった悩みはどうにもならなかったのです。

バンドのボーカルの声が枯れたときの、あの残念な感じを、他でもない自分が作り出すというのが本当に嫌だったし、怖かった。

だから、心底上手くなりたいと願って、ちゃんとプロに教わって本物の歌を手に入れたいと思ったわけです。

おわりに

もともと何も歌えなかった人間が一生懸命努力して、いざ一線超えるぞとプロに入門したものの、結局上手くなれず。

凄そうな動画がYouTubeにもたくさんありますけど、そのほとんどは声楽インスパイアの「旧時代ボイトレ」。

普通に歌いたい私達が、普通じゃない歌(=声楽)の練習法を教わって、それで本当に自分の望む歌が手に入るはずがないのです。